お知らせNews

Art Gift Market【作家紹介】2/2

2018.12.17 投稿者 Crafteria スタッフ

12月21~24日 渋谷ヒカリエ8階 「8/COURT」で開催されるArt Gift Market

出展される21名の作家さんを2回に分けてご紹介していきます!後半!



11.嶋友佳子 さん/ガラス作家

自分の思う〝かわいい〟をテーマに制作される嶋さん。「使う人の心をじんわりと温めるような作品を目指している」とのことで、ふと見上げた空のような色使いやかわいらしい動物モチーフが魅力です。

12.須藤忠隆 さん/陶芸家(笠間焼)

幻想文学、東欧のコマ撮りアニメーション、音楽など様々なジャンルからインスピレーションを得て制作する須藤さん。アジア、ヨーロッパ、中東など世界各地の陶芸の技法を参考にしつつも、既存の陶芸の枠に囚われない自由な作風が特徴。エキゾチックで不思議な世界に触れてみてください。

13.niushiu さん/金工作家

ブランドでは「貴方のために心を込めて作ります」、個人作品では「表現のための金属の追求」をそれぞれのコンセプトとして、生き物や自然を表現しているniushiuの李さん。ジュエリーは身につけてこそ完成するものと考え《身にまとうアートであること》を大切にされているそうです。ご来場のその際はぜひお手にとってご覧ください。

14.畠山 聡 さん/鋳金作家

“鋳造ならではの形”や“多くの人の目にとまるもの”などをコンセプトに、作品発表を続けている畠山さん。現在は主にジュエリー作品や雑貨を中心に制作されているそうです。

15.藤田永子 さん/金属造形作家

オリジナルの柄の入った金鎚を自ら制作し、その金鎚で叩くことによって模様を素材に転写するという方法で、個性的な模様の入ったアクセサリーを制作している藤田さん。同じ金鎚を使っても、叩き方によって同じものは二つと生まれない、そういった質感も楽しめる作品です。

16.MAITO/真糸 さん/草木染作家

東京の下町 蔵前で、草木染めと天然素材、メイドインジャパンをコンセプトにモノづくりをされている真糸さん。愛用するヒトと共に年を重ねていけるようなアイテムを目指し、丁寧にものづくりをされています。サイトはこちら

17.松永小百合 さん/染織作家

タティングレースというヨーロッパのレース編みの技法と、日本の伝統的な素材である絹糸を組み合わせて、現代的で繊細なデザインでモチーフを制作される松永さん。京都の西陣織の絹糸を用いて、一編み一編み結び目を作りアクセサリーやドイリー(布飾り)を作られています。サイトはこちら

18.美濃手漉き和紙工房Corsoyard さん/手漉き和紙職人

岐阜県の山の中、長良川のほとりにて、使い手の求める本物の紙づくりを生業としているCorsoyardの澤木さん。
Corsoyardでは今も和紙業界では使われる保存殺菌剤排除し、主に楮(こうぞ)や雁皮(がんぴ)といった、天然の靭皮繊維を原料とした、素材としての紙づくりに取り組み、また、その紙を使った商品開発を行っています。サイトはこちら

19.木工房 千舟 さん/木工作家

空想の世界の建物、風景、乗り物、動物、女の子などを木で表現した作品を制作されている千舟さん。主にアクセサリー(ブローチ、イヤリング、ネックレス)や置物、壁飾り(木象嵌絵画)などを作られています。

20.山増ちひろ さん/陶芸家

スリップウェア(特にモカウェア)などの技法を用いて、自然にでる模様に魅力を感じ制作を続ける山増さん。うつわが使う人の日常に溶け込み愛でるものになるように、食卓を暖かに演出するように思いを込めて制作されています。

21.レザースタジオサード さん/レザーアーティスト


「革と言う素材に惚れ込み、革の魅力を引き出し、革の良さを伝えたい」そんな思いで真摯に革と向き合い、地元の工房で日々ものづくりに励むレザースタジオサードさん。「出来ないとは言わない!」をモットーにフルオーダーメイドでの注文も受けられています。

以上!魅力一杯の作家さんたちがヒカリエに集結します!この機会にぜひ渋谷ヒカリエ8階『8/COURT』にお立ち寄りください!

http://www.hikarie8.com/court/2018/11/art-gift-market.shtml