職人プロフィールProfile

竹村聡子

陶芸家
竹村 聡子

ごあいさつ

白磁土とオリジナルの乳白釉で手にしっとりと馴染む質感の器を作っています。

銀彩で描いた模様部分は人間と同じように日々酸化して変化(=animate)していきます。

日常の中で使い手と共に経年変化を楽しめる器作りを目指しています。

プロフィール

長野県出身

立教大学陶芸部に入部。

愛知県瀬戸市で陶芸を学ぶ。

長野県南部の山奥に工房をかまえる。


作品へのこだわり

陶芸を始めた頃に観た 画家・藤田嗣治の

「素晴らしき乳白色」の美しさに感銘を受け、

白磁土とオリジナルの乳白釉を用いて

自分なりの乳白色の表現を目指しています。


現在は銀彩で動植物を描く

「animate =命を吹き込む)series」の器を展開しています。


日本人らしく細やかで丁寧な手仕事を心がけています。

産地・居住地

長野県

白花ブローチ d
3,000 
白花ブローチ c
3,000 
白花ブローチ b
3,000 
白花ブローチ a
3,000 
銀うさぎポット1
16,200 
銀うさぎポット2
16,200 
銀うさぎ急須
16,200 
銀うさぎ花皿白
3,880 
銀うさぎ花皿桃
3,880 
銀うさぎ花皿グレー
3,880 
白花4寸皿1
2,370 
白花4寸皿2
2,370 
白花小杯2
1,701