アーティストプロフィールProfile

關まどか

陶芸家
せきまの 器

ごあいさつ

高校の部活動で陶芸を始め、今に至ります。窯で焼かれてガラッと表情を変える陶素材の面白さに惹かれ続けて早10年。毎回窯の蓋を開ける瞬間が楽しみで仕方ありません。大学時代、釉薬の研究をしていたため引き続き新色の探求をしつつ、まだ見たことのないものを作れるように、またお見せできるように実験・制作を続けています。

プロフィール

1991年 東京都府中市に生まれる
2009年 東京都立工芸高等学校デザイン科卒業
2013年 女子美術大学芸術学部工芸学科陶コース卒業

大学卒業後は多摩市の陶芸教室を借りて制作、グループ展やマルシェなどで作品発表をしています。

作品へのこだわり

よく「これは何焼きですか?」と聞かれるのですが、作陶している場所は産地でもなく、さまざまな産地から取り寄せた粘土をブレンドして使っていたり釉薬もオリジナル調合のものを使っているため、厳密に「◯◯焼きです」とは言えないようなものを作っています。パールのような優しい質感で生活に溶け込む、けれども少しアクセントにもなる器作りを目指しています。

産地・居住地

東京都

現在、web販売している作品はございません。
実店舗で販売している場合がありますので、詳しくは
『contact@crafteria.jp』までお問い合わせください。