アーティストプロフィールProfile

小孫哲太郎

陶芸家
小孫 哲太郎

ごあいさつ

「やきもの」という表現を利用し自分の日常と流れてきた年月に感謝をし大地に眼を向け、感じた空気を作品に落とし込んで皆様に楽しんで微笑みがこぼれるような物をツクッテイマス!

プロフィール

1974     東京都築地に産まれる

        築地小学校、銀座中学校、卒業

1993     本郷高校デザイン科卒業

1999     沖縄県立芸術大学陶芸コース卒業

1999~2001 沖縄県糸満市の糸満工芸陶苑に就業

2002~2004 千葉県御宿町の大地牧場に就業

2004      千葉県いすみ市にて開窯

  以後、各地で個展、グループ展を開催して活動

2016~2017 現在は拠点を埼玉県に移し築窯活動中。

作品へのこだわり

沖縄で学んだ掻き落とし(線彫)という技法を使用しています。

(ぬりえ)のように絵の輪郭を掻き落としていきます。

素焼き後に(ぬりえ)のように色を塗ったり、模様を描いて器全体を彩色していきます。

最後に透明な釉薬もしくは黄色の釉薬を施しやきあげます。


上絵(九谷焼有田焼)の器と違い下絵の技法の器です。


絵柄は基本的には器の底からスタートし絵を描き進んでいきます。

モチーフは私が実際に体験してきた42年間もの間に出会って感じてきた物事を描いています。

写真家さんのその時その時のタイムリーなワンショットみたいな気持ちを作品に施し見ていただく方達に元気に楽しんでいただけたらと思っています。

産地・居住地

埼玉県